Salon Blog

Dans la occupé tous les jours, il y a de chaque vie humaine, il est inévitable que l'environnement va changer.
Pour le jour déprimé, un peu de guérison. Une journée de plaisir, du plaisir ensemble. Le jour ennuyeux, un peu de découverte.
Nous croyons Une fois habitué à un espace spécial qui se blottit à la vie au jour le jour de nos clients.

アイロンの温度って!?

投稿日 : 2020年1月23日 カテゴリー : ビューティー

こんにちは!

Room hair 笹塚店スタイリストの植木です。

詳しい自己紹介はこちらからうえっきの自己紹介

ぜひぜひご覧下さい(^^)

今回もアイロンの使い方について、書いていきたいと思います。

アイロンの温度って何度が適正かわかりますか?

ストレートにするにしてもカールを付けるにしても非常に温度が重要になってきます。ヘアアイロンに慣れている方は140℃前後で巻いたり伸ばしたりできていると思いますが低温になればなるほど髪の毛は傷みません

逆に低温でも長い時間髪の毛にコテやアイロンを当て続けると熱によるタンパク編成が起きます

そんなヘアアイロンの温度ですがヘアアイロンで形を付けやすい温度を自分のヘアアイロンの上達に合わせて選びましょう。

先ずは180℃の場合

この温度は、美容室で縮毛矯正でも使用する温度です。

なるべく髪の毛に負担がかからないように1回、なおかつ短時間で仕上げます

美容室の施術では薬剤の浸透によってヘアアイロンの温度は低温でも大丈夫なのですがその分薬剤でのダメージがあるのでこの辺は髪質によって調整しています。

この温度でヘアアイロンを使用する場合髪の毛に形を付けやすい分炭化現象が速く進むという事を頭に入れておきましょう。

また炭化現象が進んだ髪の毛はパーマやカラーが出来なくなりカットで切るしか直す方法がなくなります。

180℃200℃を使用する場合は極力早く1回で仕上げる事が重要なので注意をしましょう。

 

次に160℃の場合

ヘアアイロンは160℃でも十分に形が付くんです。

ただし注意して欲しい事はこの温度でも髪の毛に長くヘアアイロンを使用したり何度も使用すると高温で使用している時と同じになってしまします。

普段180℃ぐらいで使用している方は10℃ずつなれるまで温度を下げて行けば160℃の温度に馴れますのでチャレンジしてみてください。

急にヘアアイロンの温度を下げて使用すると何回もヘアアイロンを通したり長い時間ヘアアイロンを当てたりと余計ダメージの原因になったりするので無理のないように少しづつ温度を下げていきましょう。

低温でも髪の毛に熱を当てる回数や時間が長くなると結局高温でやっているのと変わらないという事を理解しましょう

その下の温度になると、水分の残し方などで左右されるので、かなり上級の温度設定になります。

慣れるにつれて自分の出来る適正温度を、見つけてみてはいかがでしょうか?

わからない時は、いつでも聞いてください!

アドバイスさせて頂きます!

この記事が気に入ったら
いいね !

STYLIST

植木 祥恵

Room hair 笹塚店 の 植木 祥恵 です。
私の詳しい自己紹介はこちらをタップしてください>>
まずはカットです。前後左右どこから見ても頭の形を綺麗に見せるカットが得意です。 乾かすだけでもスタイルがきまる様、提案させていただきます。
次にヘアカラーです。 トレンドのカラー、しっかりと白髪を染めるのはもちろん、明るい白髪染め、グラデーションカラー、透明感を出すカラーなど色々と楽しんでいただけるよう提案させていただきます。
お客様からは、『このカラー本当に気に入っているの!』と毎回言っていただけたり、『いつも素敵にしているわね!』とお友達に言われたわと言っていただけたり、『乾かしただけで形になるからラクで助かるわ』など、とても嬉しい言葉をいただいております。
Room hairの半個室というプライベートなスペースで、お客様のすべてのお悩みに寄り添って、そのお悩みを一つひとつ解消するとともに、心よりリラックスして過ごしていただける空間を提供していきたいです。 お越しいただいたからには素敵になって、とびきりの笑顔で帰っていただけるのが常に心にある目標です。

一覧に戻る

Related Article

一覧に戻る