Salon Blog

Dans la occupé tous les jours, il y a de chaque vie humaine, il est inévitable que l'environnement va changer.
Pour le jour déprimé, un peu de guérison. Une journée de plaisir, du plaisir ensemble. Le jour ennuyeux, un peu de découverte.
Nous croyons Une fois habitué à un espace spécial qui se blottit à la vie au jour le jour de nos clients.

アイロン使ってますか?

投稿日 : 2020年1月16日 カテゴリー : ビューティー

こんにちは!

Room hair 笹塚店スタイリストの植木です。

詳しい自己紹介はこちらからうえっきの自己紹介

ぜひぜひご覧下さい(^^)

この頃皆さんアイロンを使う頻度が増えていると思います。

ささっと形がついて便利ですよね〜

そこで改めてアイロンを使うときの注意点をおさらいしてみようかと思います。

先ずはどのようなアイロンを使ったらいいか

ヘアアイロンは高温が出るタイプの方が良いと思っている方が多いのですが、高温が出ると実際は髪の毛のダメージの原因になってしまいます。そこで今回はヘアアイロンの適正な温度と使い方を紹介させていただきます。

まずヘアアイロンで髪の毛が傷む理由ですが大きく分けてヘアアイロンの熱、ヘアアイロンの熱による水分蒸発、過度のプレスによる物理的ダメージがあります。

へアイロンによるダメージを専門的な言葉でいうと、熱によるタンパク変性・水蒸気爆発・過度のプレスです。

このダメージはそれぞれどういった事なのか具体的に説明していこうと思います。

髪の毛が傷む原因は

ヘアアイロンの熱によるダメージで起こるタンパク変性

まず、タンパク変性に付いてです。髪の毛はタンパク質でできています、タンパク質を解り易く説明しますと卵!

生卵を茹でると固まります。

茹で卵になりますよね。

魚やお肉卵は熱を与えるとタンパク質が固まります。

さらに熱を与えると焦げます。

この状態の事を熱によるタンパク変性といい当然髪の毛も同じです

こういったダメージを熱によるタンパク変性と言うんです。

髪の毛同様でドライヤーやヘアアイロンで熱を与えると肉やお魚のように固くなり最終的には髪の毛も焦げて炭状になります。肉や魚が焦げるのと同じで、髪の毛も炭のように固くなります。この事を髪の毛の炭化現象と言いいます。

縮毛矯正や毎日髪の毛にヘアアイロンを使用している人はこの状態になっている事が多いんですよ。

また、お料理でお肉や魚を柔らかくするためにワインに付けて柔らかくする事も科学的なタンパク変性です。

こういった科学的・物理的なタンパク変性は一度起こるともう元に戻りません。ですから髪の毛にダメージを与えない事が大切です。

ヘアアイロンやドライヤーの熱からのタンパク変性を防ぐには洗い流さないトリートメントを使用して髪の毛になるべく熱を与えない事が重要です。

ヘアアイロン前の洗い流さないトリートメントは熱に強いオイルタイプがおすすめです。

また、コテなどのスタイルを作りやすくする場合はスプレータイプのトリートメントなどを併用する事がおすすめです。

ヘアアイロンの熱で起きる水蒸気爆発

ヘアアイロンによる水蒸気爆発は意外と知られていないのですが、髪の毛がまだ水分が残っている時に起こる現象です。

よく髪の毛が生乾きの状態でヘアアイロンを使用すると「ジュー」っていう音がするあれです。

この水蒸気爆発を体験している方も多いと思います。朝起きて寝癖直しに水スプレーや巻髪ローションを使用してあまり乾かさない状態でヘアアイロンを使用すると必ず起きちゃいます。

気をつけてくださいね。

水蒸気爆発での髪の毛のダメージを簡単に説明すると水(水分)は水蒸気になると体積が1700倍にも膨れ上がります。

毛髪内部で小さな水が一気に蒸発して体積が大きくなるのです。

水が蒸発して水蒸気になると毛髪が破裂します。例えるならば風船のように大きく膨れ上がり破裂するのと同じなんですよ。

髪の毛も破裂した風船のように毛髪内部から穴が出来髪の毛がザラザラとした感じになるのです。

水蒸気爆発を防ぐには髪の毛をしっかり乾かしてヘアアイロンを使用するか、水分が蒸発しない100℃以下でヘアアイロンを使用する必要があります

美容室の縮毛矯正技術では濡れた髪の毛にヘアアイロンを使用する場合もあります。

ヘアアイロンのプレスで起きる物理的ダメージ

 

ヘアアイロンのプレスによるダメージ。これは単純にヘアアイロンでの強く挟みつぶしてしまっている場合に起こるダメージです。

美容室での縮毛矯正でも経験した事があると思いますが、髪の毛をストレートにしようと美容師さんがしようと過度にぐいぐい引っ張られる事がありますがこれもプレスによるダメージの原因です。

過度にヘアアイロンでプレスすると髪の毛は真っ直ぐになりますが、髪の毛がつぶれてしまいますし、引っ張る事により髪の毛の内部の構造が損傷してしまう事によって起こるダメージです。

市販のヘアアイロンなど上手く髪の毛がはさめないと無理にプレスするとこのダメージが起きやすいです。

ですから、プレスをしなくても伸びるヘアアイロンを使用する事が大切です。

まだまだお伝えしたいことはあるのですが、長くなるのでまたの機会に!

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
お気軽に下記よりお問合せ下さい。

【 電話予約はこちらまで 】

笹塚店 >> TEL:03-6407-1321

下高井戸店 >> TEL:03-6379-1618

経堂店 >> TEL:03-5477-6378

曙橋店 >> TEL:03-6709-8222

【 LINE公式アカウント お友だち追加 】

Room hairでは次回のご予約の確認やヘアスタイル、お悩みなどの事前相談を承ります。下記のボタンから各店舗のLINE公式アカウントをタップして「お友だち追加」ボタンを押していただくだけでお店と繋がります。お気軽にご連絡お待ちしております。



【 Room hair 笹塚店 】

151-0073 東京都渋谷区笹塚1-15-5 クリア笹塚102

受付時間 / 10:00~19:00 毎週火曜定休

googlemapはこちらから >>

【 Room hair 下高井戸店 】

151-0073 東京都杉並区下高井戸1-5-10パステル下高井戸1F

受付時間 / 10:00~19:00 毎週火曜定休

googlemapはこちらから >>

【 Room hair 経堂店 】

156-0051 東京都世田谷区宮坂3-8-2ミヤコウエストビル1F

受付時間 / 10:00~19:00 毎週火曜定休

googlemapはこちらから >>

【 Room hair 曙橋店 】

162-0065 東京都新宿区住吉町8-28 B・STEPビル102

受付時間 / 10:00~19:00 毎週火曜定休

googlemapはこちらから >>

この記事が気に入ったら
いいね !

STYLIST

植木 祥恵

Room hair 笹塚店 の 植木 祥恵 です。
私の詳しい自己紹介はこちらをタップしてください>>
まずはカットです。前後左右どこから見ても頭の形を綺麗に見せるカットが得意です。 乾かすだけでもスタイルがきまる様、提案させていただきます。
次にヘアカラーです。 トレンドのカラー、しっかりと白髪を染めるのはもちろん、明るい白髪染め、グラデーションカラー、透明感を出すカラーなど色々と楽しんでいただけるよう提案させていただきます。
お客様からは、『このカラー本当に気に入っているの!』と毎回言っていただけたり、『いつも素敵にしているわね!』とお友達に言われたわと言っていただけたり、『乾かしただけで形になるからラクで助かるわ』など、とても嬉しい言葉をいただいております。
Room hairの半個室というプライベートなスペースで、お客様のすべてのお悩みに寄り添って、そのお悩みを一つひとつ解消するとともに、心よりリラックスして過ごしていただける空間を提供していきたいです。 お越しいただいたからには素敵になって、とびきりの笑顔で帰っていただけるのが常に心にある目標です。

一覧に戻る

Related Article

一覧に戻る