Salon Blog

Dans la occupé tous les jours, il y a de chaque vie humaine, il est inévitable que l'environnement va changer.
Pour le jour déprimé, un peu de guérison. Une journée de plaisir, du plaisir ensemble. Le jour ennuyeux, un peu de découverte.
Nous croyons Une fois habitué à un espace spécial qui se blottit à la vie au jour le jour de nos clients.

パーマの特徴を知っていますか??

投稿日 : 2021年5月28日 カテゴリー :

こんにちは!

Room hair 笹塚店の植木です。

パーマって?

季節が変わってくるとヘアスタイルも変えたくなりますよね。

カットやカラーで変えるのも気分転換になりますが、パーマもとても有効な手段です。

過去にかかりすぎて手におえなくなってしまった

などとトラウマになってしまったなんていうお話も聞くことがありますが、どのようになりたいか、ご自宅でのスタイリングをどうしていきたいかなどなどカウセリングでしっかりとお話を聞いた上で施術させていただきますので、不安なことなどありましたら何でも聞いてくださいね。

パーマというと色々種類がありますが、コールドパーマやデジタルパーマが主流かなとおもいます。

それぞれ特徴があるので、なりたいスタイルによって合うパーマを選択する事をおすすめします。

今回は、コールドパーマとデジタルパーマについてお伝えしたいと思います。

まずはコールドパーマです。

☆1番わかりやすい特徴は、濡れた時に1番カールが出るということです。

なので、乾くとウーブが緩やかになります。

この特徴を生かすとると、

例えば、ムースやジェルで濡れた時のウェーブをしっかり出したスタイルもできますし、ハンドプローで乾かして内巻きスタイルも出来たりします。

薬液のみでかけるので根元からかけられることができます。根元のボリュームもアップすることができます。

前髪も自然に流すこともできるので、前髪がストレートで動気が出にくい方、アイロンでセットしても、もたない方にもおすすめです。

次にデジタルパーマです。

ホット系パーマとも言われています。

こちらの特徴は、乾いた時にウェーブが1番出る事と大きな緩いウェーブが特徴です。

緩いウェーブのもちがいいのも特徴の一つです。

巻いたロッドの一本一本に熱をあてながらかけていくので、ロッドを根元まで巻いてしまうと頭皮がやけどしてしまう恐れがあるので、根元からはかけることができません。

根元から乾かして、途中から指でクルクルと巻き付けるように髪の毛の方向性を付けていくと、カールアイロンで巻いたような仕上がりになります。

それぞれのパーマの特徴を活かして施術していくと理想のスタイルができます。

どちらの方が合う髪質というとのありますので、美容師さんと相談しながら選択していくといいと思います。

これから梅雨時期に入ります。

朝、せっかくセットしたのに、外に出たら元に戻ってしまった

なんて事もあると思います。

そんな時は、パーマをかけるという選択肢も一つの手段だと思います。

ぜひぜひ御相談くださいね。

この記事が気に入ったら
いいね !

STYLIST

植木 祥恵

Room hair 笹塚店 の 植木 祥恵 です。
私の詳しい自己紹介はこちらをタップしてください>>
まずはカットです。前後左右どこから見ても頭の形を綺麗に見せるカットが得意です。 乾かすだけでもスタイルがきまる様、提案させていただきます。
次にヘアカラーです。 トレンドのカラー、しっかりと白髪を染めるのはもちろん、明るい白髪染め、グラデーションカラー、透明感を出すカラーなど色々と楽しんでいただけるよう提案させていただきます。
お客様からは、『このカラー本当に気に入っているの!』と毎回言っていただけたり、『いつも素敵にしているわね!』とお友達に言われたわと言っていただけたり、『乾かしただけで形になるからラクで助かるわ』など、とても嬉しい言葉をいただいております。
Room hairの半個室というプライベートなスペースで、お客様のすべてのお悩みに寄り添って、そのお悩みを一つひとつ解消するとともに、心よりリラックスして過ごしていただける空間を提供していきたいです。 お越しいただいたからには素敵になって、とびきりの笑顔で帰っていただけるのが常に心にある目標です。

一覧に戻る

Related Article

一覧に戻る