Salon Blog

Dans la occupé tous les jours, il y a de chaque vie humaine, il est inévitable que l'environnement va changer.
Pour le jour déprimé, un peu de guérison. Une journée de plaisir, du plaisir ensemble. Le jour ennuyeux, un peu de découverte.
Nous croyons Une fois habitué à un espace spécial qui se blottit à la vie au jour le jour de nos clients.

実例エイジング毛を活かせるショートヘア

投稿日 : 2022年7月30日 カテゴリー : 笹塚店

こんにちは。

Room hair 笹塚店の岡です。

今回はエイジング毛をいかせるショートスタイルの紹介です!

まずは毛髪のエイジングについてです。

 

wikipediaでは、一般には「時を経る」という意味。ヒトを含む動物の場合は「老化」のことを意味する。とあります。

地肌と毛髪は、年齢を重ねるごとに老化してしまいます。

エイジング毛とは

エイジング毛(もう)ってどんな症状を指すの?

最近、耳にするようになった「エイジング毛」という言葉。ですが、どういった髪の症状なのか、よくわからないという声も耳にします。

 

エイジング毛のサイン

まずサインとして感じられるのは、髪のうねりやトップのボリュームダウン、パサつく、毛髪の重さがなくなってくる(=軽くなる)、髪の表面がボコボコ・ザラザラしてくるです。

たいていの場合、髪の表面というよりは、髪の内側から始まります。

なかでも、髪のうねりは、耳の後ろあたりや襟足などからうねりが見えられることが多いのが特長です。ヘアスタイルがなんだかボワッとふくらんでキマまらなくなるなどと感じ始めたら、エイジング毛のサインと考えていいでしょう」

 

だいたいどのくらいの年齢からサインは出てくるものなのか

人による個人差が大きいのですが、多くの場合、30代半ばくらいから後半にかけて始まるようです。

急に増えるというわけではないので、最初は気づきにくいかもしれません。でも、ちょっとずつ増えてくるので、40代になってから認識される方もいるかもしれませんね。

ただ、白髪が出始めている場合は、白髪はうねっていることが大半なので、気づきやすいと言えます。もし髪が濡れているときはまっすぐなのに、乾かすとうねるという場合はエイジング毛だと考えてよいでしょう

 

もともとクセ毛の場合、エイジング毛との違いは?

髪がうねるという点では同じなのですが、できる要因がまったく異なります。

クセ毛の場合は、毛穴の下のフォルムが歪なため、髪がゆがんで出てうねってしまいます。

一方のエイジング毛の場合は、毛髪の中身自体がゆがんで髪がうねっているのです。

 

エイジング毛になるのは老化だけが原因?

エイジング毛というと、老化ということは想像がつくかと思います。

ただ一概に老化といってさまざまな要因が考えられます。

エイジング毛は、簡単にいってしまうと、毛髪の中がスカスカになっている状態なので、いわば骨粗鬆症になっているようなものです。

 大きくは年齢的なものやホルモンの影響などがありますが、パーマをどのくらいかけてきたか、カラーをどのくらいしたか紫外線をどのくらい浴びてきたかなどでも、出かたは変わってきます。

エイジング毛を活かせるショートスタイル

エイジング

笹塚店 LINE公式アカウント

 

この記事が気に入ったら
いいね !

STYLIST

岡 葵

みなさまはじめまして! Room hair 笹塚店 スタイリスト 岡 葵(おか あおい)です。
わたしの詳しい自己紹介はこちらをタップしてください>>
理想のスタイルのイメージを共感、共有させてください!一人ひとりが持っている、自分だけの素材美を大切にし、自然とご自分の髪質やヘアスタイルを好きになってもらえるようにいたします。皆さまには綺麗な髪で毎日を気分良く楽しんで頂けるよう、美のパートナーとしてお手伝いさせてください。
「長さは変えたくないけど雰囲気を変えたい」など、その時の気分をしっかりと汲み取ったうえで、あなたらしいヘアスタイルをご提案させていただきます。ヘアメイクの経験を活かし、崩れない長持ちアップスタイル&メイクが得意です!、特別な日のセットなどシーンに合わせた様々なご要望にお応えいたしますので何なりとご相談くださいませ。

この記事を書いたスタイリスト

Related Article

一覧に戻る