Salon Blog

Dans la occupé tous les jours, il y a de chaque vie humaine, il est inévitable que l'environnement va changer.
Pour le jour déprimé, un peu de guérison. Une journée de plaisir, du plaisir ensemble. Le jour ennuyeux, un peu de découverte.
Nous croyons Une fois habitué à un espace spécial qui se blottit à la vie au jour le jour de nos clients.

メンズは眉毛カットをするべし!!

投稿日 : 2021年9月26日 カテゴリー : 曙橋店

こんにちは!曙橋店の野中です\(^^)/

私の詳しい自己紹介はコチラから⤵︎⤵︎⤵︎⤵︎⤵︎⤵︎⤵︎

オナカナノ

 

皆様いかがお過ごしでしょうか?

( ¨̮ )

 

コロナ対策実施しながら、張り切って営業中です!!

 

夏が終わると急にもう1年が終わってしまう感が急にしますよね(´・∀・`)

1年早すぎます!

最近は、ハロウィン使用の店内にしております(⌒▽⌒)

ちょっと大人女性のサロンというわりには可愛いらし過ぎかもしれませんが、ハロウィンの季節くらいは許してください!<(_ _)>

 

今日は男性眉カットについて書いて行きたいと思います!

 

眉毛カットは¥1100になりますが、皆様された事はございますか?

眉毛は顔の印象をかなり左右します!

マスクでお顔の半分見えないとなると、もはや眉と目だけで顔の印象を表現しないとならないわけです。

 

女性は、自分でお手入れする時に、メイクが出来るので多少失敗したかな?と思ってもそこを補う事が出来ますが、男性は難しいですよね。

男性の眉は、アーチよりはまっすぐ上がり眉か、眉山を削らない自然な眉が私は良いと思います。

あまり細くしてしまうと、大人男性は違和感があります。

最近はメイクをする若者も増えておりますが、メイクが出来る方は、細めや短めにしても良いですね。髪色も明るかったりすると、やはり眉も真っ黒だと浮くので少し短めにカットしてブラウンのパウダーアイブロウで馴染ませると眉毛とヘアスタイルが合いますよね!

 

メイクをしない方は、やはり1度眉毛カットをされることをおすすめ致します。

 

野中眉毛カット方法

 

眉毛の濃さを見ます。

眉頭が濃く太くて半分から眉尻が薄い方がよくおられます。

(私もそうなんですが……(´;ω;`))

そういう場合は、眉頭の毛長さを少し短めにカットします。

そして、眉尻の方はあまりカットしません。

いきなり長い毛だけを切り揃えます。

☆ポイント

中間〜眉尻の毛の長さを残す事により、眉毛全体の濃さを均等に近づけられるので、薄い方は長さを切りすぎないように注意した方が良いです!

 

瞼の余計な要らない毛も剃ります。

そして眉毛ブラシで眉毛の毛流れを揃えます。

 

下がり眉毛の方は、ほんの少しなのですが、眉頭の上を少しだけ削ります。

そうすると、少し上がって居るように見えてきます。

まだ下がっているのが気になる方は眉尻も少しカットします。

 

 

文章だけだと分かりづらいので画像を見てくださいね!

赤い部分をからそれぞれ上下が無くなるとかなり下がり眉が上がって見えてきます。

あまり剃りすぎると毛が太い方は剃った部分が青くなるので最小限にした方が良いと思います。

 

 

左右バランスを整える事もあります。

それは自分では難しいので、1度ご来店くださいね!

 

眉毛は2週間くらいで伸びたな……と思いますので、その時の手入れの仕方もお伝えしますよ。

 

女性も印象に合わせた眉毛カットをしますので、是非お待ちしております!!

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね !

STYLIST

野中 奈央

Room hair 曙橋店 の 野中 奈央です。
私の詳しい自己紹介はこちらをタップしてください>>
一人一人の骨格と髪質とライフスタイルを伺い、カウンセリング致します。
その時のお悩みや季節に合わせて、お客様に似合う理由を分かりやすくご提案させていただきます。
ショートカットからロングまで、キュート、フェミニン、ナチュラルなスタイルなど、更にご自宅に戻られてからのスタイリングのしやすさも重視しております。
ブライダルヘアメイクの経験もありますので、パーティセットやお出かけ前の簡単なセットもお任せくださいませ。

一覧に戻る

Related Article

一覧に戻る