Salon Blog

Dans la occupé tous les jours, il y a de chaque vie humaine, il est inévitable que l'environnement va changer.
Pour le jour déprimé, un peu de guérison. Une journée de plaisir, du plaisir ensemble. Le jour ennuyeux, un peu de découverte.
Nous croyons Une fois habitué à un espace spécial qui se blottit à la vie au jour le jour de nos clients.

ヴィラロドラカラーは、髪と地肌に最高のカラーです!

投稿日 : 2021年2月28日 カテゴリー : おすすめ

こんにちは、曙橋店の野中です!

ウイルス対策をしながら営業しております!

春がもうそこまで来ていますね。

春のスタイルとしては、少し軽ろやかで色も少し明るめでも良いと思います、

明るいといっても、少しくすみのあるグレーの入った色味が私はオススメです。

 

野中オススメのカラーはヴィラロドラカラーなのですが、ヴィラロドラカラーの色の種類も豊富にあります!(^^)

ヴィラロドラカラーの良いところは?

○オーガニック成分でできている。

○地肌、髪に優しい

○艶々サラサラの見違えるほどの髪に!

○白髪も染まる

○色味が豊富

○頭皮アロママッサージが付いているので、リラックス

こんなにいい事が沢山あります!!

 

一度された方の声

『艶が全然違う』

『普段アルカリカラーは地肌に染みていたのに、大丈夫だった。安心してカラーを楽しめる事が嬉しい』

『アロママッサージの香りも選べて、頭皮も柔らかくなって、リラックスできました』

『色味がかなり長持ちしている!全体染めを毎回しなくてもよい』

『白髪染めでも明るい色が楽しめて、オシャレ』

などなど、様々なお声が出ております。

 

 

私もいつもヴィラロドラカラーにしています。やはり今の時代には、綺麗なだけではなく、身体に影響しない安心安全なカラーリングが求められていると私は思います。

 

先日井元さんに染めていただきました!

 

 

 

 

染めていただき乾かしただけなのにこの艶です!!私はいつも暖色系です!!

いつもアルカリカラーだと地肌がカラー後痒くなりますが、このカラーでしたら痒くならなくて、とても嬉しいです。

地肌が荒れてしまうと、治るまで時間がかかりますし、頭皮にかさぶたができたり、フケのようにボロボロ浮いてくる事もあります。

全く大丈夫だという方も、何かの拍子にいきなり体質が変わって、頭皮に炎症がでてしまう事もあります。

私の友人は、出産後にいきなり敏感肌になりました。他店でアルカリカラーで染めている最中に頭皮が熱くなり、すぐに流してもらったそうなのですが、火傷のように腫れて、かさぶたになるまでも時間がかかるほど大変なことになってしまったそうです。

トラウマになってしまって、しばらくは染めたくない、染めるのがこわいと言っていました。

かかりつけの皮膚科の医師から聞いたのですが、出産することにより、鉄分、タンパク質が赤ちゃんの方にかなり行ってしまうそうです。

なので、産後の何年か個人差はありますが、鉄分、タンパク質不足になるので、貧血や皮膚が荒れやすくなったりするようです。

いつ何が起きるか分からないので、安全なカラーリングをオススメいたします。

全く染めないのも、やはり女性としては楽しみが一つ失われたような気持ちがするのではないでしょうか?

 

ヴィラロドラカラーにもジアミンは入っています。アルカリカラーとはジアミンの種類が違うので、肌にはとても優しいです。それでも心配な方へは、さらに地肌をプロテクトできるコースもできますので、是非ご相談くださいませ。

 

 

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね !

STYLIST

野中 奈央

Room hair 曙橋店 の 野中 奈央です。
私の詳しい自己紹介はこちらをタップしてください>>
一人一人の骨格と髪質とライフスタイルを伺い、カウンセリング致します。
その時のお悩みや季節に合わせて、お客様に似合う理由を分かりやすくご提案させていただきます。
ショートカットからロングまで、キュート、フェミニン、ナチュラルなスタイルなど、更にご自宅に戻られてからのスタイリングのしやすさも重視しております。
ブライダルヘアメイクの経験もありますので、パーティセットやお出かけ前の簡単なセットもお任せくださいませ。

一覧に戻る

Related Article

一覧に戻る