Salon Blog

Dans la occupé tous les jours, il y a de chaque vie humaine, il est inévitable que l'environnement va changer.
Pour le jour déprimé, un peu de guérison. Une journée de plaisir, du plaisir ensemble. Le jour ennuyeux, un peu de découverte.
Nous croyons Une fois habitué à un espace spécial qui se blottit à la vie au jour le jour de nos clients.

毎日食べると良いことあります!

投稿日 : 2017年4月05日 カテゴリー : ビューティー

こんにちは。

 

Room hairスタイリストの山下です。

 

 

突然ですが、みなさん、健康のためにされている事ありますか?

 

 

私は簡単なことを1つだけ、欠かさないようにしています。

 

 

それは、

 

 

毎晩、ご飯の前に【黒ゴマ納豆】を食べること。

 

 

納豆1パックに、黒ゴマを入れて混ぜ混ぜするだけなんですけどね(笑)

 

 

だんだんと年齢を重ねていくと、

 

消化が遅くて胃がもたれる。。。

 

痩せにくくなった。。。

 

肌荒れが治るのが遅い。。。

 

 

 

などの代謝が落ちることによっての悩みが増えてきます。

 

 

ツライ(´-`).。oO

 

 

でも面倒くさがりなので、簡単なことじゃないと毎日続かないし。。

 

 

ってことで、毎晩、食前に酵素として納豆を食べるのです!!

 

 

炭水化物などを一口でも食べる前に、酵素がたくさんあれば、消化・解毒ではなく、【代謝】に酵素が力を発揮します。

 

 

なので代謝があがる!!

 

 

それに納豆は、イソフラボンが女性ホルモンと同じような働きをするので、女子力アップ!!

 

しかも、ゴマの成分がイソフラボンの働きを強めてくれるんです!!

 

 

あと、肝心なこと。

 

白ゴマではなく、黒ゴマ!

 

黒ゴマの黒い色素の成分が、身体の中の【活性酸素】を除去してくれるんです!

 

 

【活性酸素】って、なに??

 

と思われるかもしれませんね。

 

 

通常、呼吸などで取り入れた酸素のうちの2%ほどが活性酸素になると言われています。

酸化する力が活発!強い!成分になるということです。

 

酸化力が強いということは、殺菌作用にもなるので、本来は身体に必要なモノなのです。

 

 

しかーし!!!!

 

必要な量でとどまっている人は現代人にはいないでしょう!!!

(山下の感じるところでは、、なので、お許しください。)

 

 

なぜかというと、

 

・紫外線

・加齢(40歳以上で増える)

・タバコ

・添加物(食べ物に入っているもの)

・電磁波(スマートフォンやタブレット)

 

 

などなどで、活性酸素は発生します!

 

いまや、スマートフォンを離せない方も多い時代ですよね。

だからこそ、活性酸素対策をしないと、、、、

 

 

 

身体が活性酸素によって酸化していきます!!

 

怖くないですか?

 

言い方を変えますね。

 

身体がサビていきます!

 

悲しいことに老化していくんです꒰꒪꒫꒪⌯꒱

 

 

 

なので、防ぐための方法として、水素など色々あるんですが、私は手っ取り早く、

酵素+活性酸素除去

 

 

として、【黒ゴマ納豆】を食べているのです!!

 

 

 

即効性を期待できるものでは無いかもしれませんが、日々の積み重ねだからこそ、できること、簡単なことから続けていきたいですね♪

 

 

 

 

 

山下

この記事が気に入ったら
いいね !

STYLIST

山下 千草

Room hair 笹塚店 の 山下 千草です。
私の詳しい自己紹介はこちらをタップしてください>>
乾かすだけでまとまるショート、ボブスタイルが得意です。
美容室に行くと、自分のなりたいイメージや、悩みをなかなか伝えられないものですよね。
私も美容師になる前、どういう風に伝えたらいいのか分からないし、提案して欲しいともいつも思っていました。
そんな思いを感じていたからこそ、ゆっくりカウンセリングをしたいと思っています。
美容師というよりパートナーのように、長くお付き合いをしたいと考えています。

一覧に戻る

Related Article

一覧に戻る